丈夫な骨を保ち続ける

コラーゲンというと綺麗な肌を作ることが出来る栄養素として知られていますが、実際にはその効果は肌だけではなく身体の様々な組織に係わってくるといわれています。例えば人間の骨にもコラーゲンは必要不可欠な存在で、丈夫な骨を保ち続けるのはもちろん、骨の持つ機能を最大限に発揮するためにも必要な栄養素となっているので、コラーゲンは毎日の食事でしっかり摂取するようにしましょう。

 
コラーゲンの効果は肌の美しさを保つ以外にも骨の機能を保ち続ける効果もあります。骨に含まれているコラーゲンは全体の50%にも及ぶといわれており、コラーゲンが不足してしまうと骨の密度が軽くなって骨折しやすくなるなどの変化が表れるそうです。そのため骨粗しょう症を引き起こした患者にはカルシウム不足よりもコラーゲン不足に原因がある患者も多いそうなので、これからは丈夫な骨を保つためにもコラーゲンを必要量摂取しましょう。
肌や骨など人間が持つ様々な組織に影響を与えるコラーゲンは24時間減少と生成を繰り返しており、加齢が進んだり栄養素が不足する事によって体内のコラーゲンはどんどん減少します。そのため常に健康的で丈夫な骨を保つためには毎日コラーゲンとコラーゲンの生成に必要な栄養素を取れるように気を配るようにしてください。
手紙01

コメントは受け付けていません。